パターンa「夜討ち」 → a_1:後手の竜に先手が受けに回る手順 → a_1_1:コンボ潰しながら受ける

以下、解説まとめ

シーン1

次に相手からのフィニッシュ級のコンボを狙われている盤面です。
オセロの盤面で考えれば、次の一手で相手に駒を多く返してもらったほうが
有利になるのですが
ゲームがオセロニアですので、HPが0になれば負けです。
場合によってはオセロでは最善でない大胆な一手も必要です。
ただし、盤面を崩して打った一手で相手を攻めきれなかった場合
負ける可能性が非常に高いです。

シーン2

オセロニアのルールを絡めて考えた一手がこちらです。
相手の攻め筋の要である、2キャラコンボの4枚返しを阻止しながら
変わらず盤面の優位性を保持する一手です。
この盤面からも辺を支配することができます。
のちに相手から2枚返しのコンボか3枚返しの報復を受けますが、
止めの一撃となる可能性が低くなります。
ただし、こちらの攻めの要であった4枚返しのコンボも捨てることになりますので
もう一度攻めを準備したりすることが必要になります。
火力を出すのが厳しければ、完全に盤面を支配して勝負を決する方法もあります。