パターンb「添い寝」 → b_1:辺にキャラ駒を置き合う展開

以下、解説まとめ

シーン1

互いの駒が一列に並んだ2手目からの展開です。
ここから、両者がキャラ駒を辺に設置していく流れです。
よって、毒や回復または一色デッキでリンクスキルを活かす試合になります。
逆にキャラ駒のコンボは後半まで活かしづらく、短期での決着は難しくなります。

シーン2

先手はこれを受けて2枚返しのコンボが2カ所から仕掛けることができます。
今回はその攻撃チャンスを見送り、もう1手相手の出方を伺うような手になります。
次に相手が辺を取ってきた場合は速攻を否定、
相手がX打ちで2枚返しのコンボを放ってきたら持久戦を否定、
という判断ができると思います。
ちなみに、先手のこの一手は速攻を否定しているのがわかります。

シーン3

後手はキャラ駒とコンボをを絡めて、辺に駒を置きます。
コンボを決めない方の辺に駒を置くこともできますが、
相手が駒を置ける場所からも考えて、この盤面で後手が置いたこの場所を
逆に先手に狙われてしまいます。
先手の選択肢を絞る意味でも、この盤面の位置に置くのがオススメです
最初に置かれた辺の駒はよっぽどポカがない限り
後半まで取られることはないので毒・回復を置いていくのが有効です。

シーン4

先手も辺を取っていきます。
この盤面になれば、次の番で必ずもう一カ所の辺を取れます。
ちなみに後手が速攻を仕掛けてきた場合でもここに置くのがいいと思います。
後手と同じく辺に置く駒はどうしても孤立しますので
コンボを考えず毒・回復を置けるのがベストです。

シーン5

後手はこの場所ではなく中割りにも見える2枚返しもあります。
それなら先手の1手目の駒を返しながら辺を狙えるのですが
次の相手の1手で辺を防御できるいい手があります。
ここでのこの盤面は一見悔しいですが時期を焦らず
白駒をあまり増やさないようにしましょう。
まだ辺への展開ができていないので、置きたい駒は
返されてもいいのはもちろん、理想はより多くダメージを与えられる
キャラを放って、相手のHPを削っていきたいです。
またカウンターも有効です。

シーン6

先手は辺に2枚目の駒を置きます。
尚且つ、次の1手で辺が取れる状況を維持できます。
無責任で申し訳ないですが他の手で良さそうな先が見られないので
この1手に限ると考えます。

シーン7

この状況で先ほど我慢した2枚返しをとることで
後手も次の番で確実に辺をとることができます。
先手より遅れてしまいましたが、後手はここから攻めを展開していきます。
当然、攻めが遅れた分相手とのHPの差を埋めなければ
持久戦になった時とても厳しくなるので
2枚返ししながら高火力スキルの駒を置いていきたいです。
カウンター、罠も有効です。

シーン8

無難な辺取りで自軍の駒を増やします。
また、数少ないコンボを拾える機会ですので贅沢を言えば火力も出したいですが
2手目のパターンが読めない以上、ここまで想定して1手目に強いコンボを出せる
駒を置くことができません。

シーン9

このあたりまで組んで後手も辺を取り返します。
現段階で辺に駒を置けた数は先手が3、後手が2
先手は次に辺を奪える場所がありません。
ある意味煮詰まった状態でしょうか。
先手は2枚返しか3枚返しの選択があります。
次の一手で展開が分かれますが今回は2枚返しでの展開を見ていきます。
9手目から3枚返しの展開

シーン10

先手は場に残さなくてもいい駒を選んで打ちたいです。
このあとの展開は、辺を取り合いHPを削り合う勝負になります。
最終的にはどちらかがX打ちからのコンボを狙い、
とどめを刺す形で勝負が決まると思います。

シーン11

お互いにキャラ駒がコンボを組める場所にないのが印象的です。
そのためメインとなる火力はスキルが強い駒か毒駒になります。
逆に回復を重ねてHPを高く保つ戦術も有効ですが、
その場合はどこかでコンボを決めるために盤面を崩し、
HP残量で負けないようにしなければならない場合があります

シーン12

余談

パターンbですが、2手目で後手が戦い方を示していないのが
他の2手目のパターンとの違いだと思います。
先手に展開を任せる後手はもしかしたら脅威かもしれません

シーン13

また、辺を取り合う戦いはキャラ駒の絡みが少ないですね。
例えば、コンボで火力を出すデッキでこの盤面になってしまうと
ほぼ戦えません。
オセロの盤面だけではなくデッキに合わせた試合展開をしていくことも
重要だと思います

シーン14

毒や回復をメインコンセプトとした場合、
常に手駒にそのスキルを持つ駒が回ってこないとこういった場面で
毒・回復駒を場に増やすことができません
16枚のうち最低でも半分は毒もしくは回復を入れておいた方がいいです

シーン15

ではこの試合展開の解説は以上になります。
少しでも戦い方の参考になれば幸いです。