パターンb「添い寝」 → b_2:先手竜デッキの攻め

以下、解説まとめ

シーン1

後手が横一列に駒を並べてきた時の
先手の竜デッキの攻め方です。

シーン2

先手はX打ちで2枚返しのコンボを成立させます。
短いターンで攻めきるために強力な駒をどんどん出していきましょう。

シーン3

後手は角を狙うために中割りの2枚返しです。
オセロでは当然の手順ですが
竜デッキが相手の場合、これは悪手になります。

シーン4

先手は角を守りつつ、
再度2枚返しのコンボを放つことができます。
ここに置く駒も、できるだけコンボが強い駒を選びましょう。

シーン5

後手は再度角を狙うため、中割りの2枚返しで対抗します。
先手とは違ってコンボが決まっていないので火力が出せていません。

シーン6

先手はここで角を渡し、さらに別ルートのX打ちです。
この時点で場のキャラ駒は4枚。囁き系スキルも有効になります。

シーン7

後手はようやく角を手にしましたが、
竜が相手ではこの時点で恐らくぼろぼろになっているでしょう。
次の手で打てそうな2~3枚返しの2キャラコンボが勝負手になるでしょうか。

シーン8

先手は相手の3枚返しポイントを崩すため
ここに置きます。
キャラ駒が縦に3体並ぶような形になり、
これによって相手が右側に自軍の駒を置きにくくなります。
角を捨てて3枚のキャラ駒をひっくり返さない限り
ほぼ確実にコンボが成立してしまうからです。

シーン9

この状況になれば後手は追い詰められたも同然。
2枚返しの2キャラコンボでトドメをさせなければ
試合はほぼ決まりでしょう。

シーン10

竜の攻めには独特の筋があり、
初級者ほどその筋にまんまと嵌められてしまうでしょう。
多少の慣れは必要ですが、竜デッキでの実戦を重ねれば
これらの筋は見えてくるようになるので
竜デッキでの対戦も練習して置きましょう。