パターンc「腰掛け」 → c_1:強烈コンボを狙う組み立て

以下、解説まとめ

シーン1

先手は速攻を仕掛けない限り次に必ず辺を取られます。
今回は先手も後手も速攻というコンセプトではないことを前提とし
盤面を見ていきます。
また、強力コンボが成立する流れは全て紹介したいので、
両者ともコンボを甘んじて受けるドM仕様であることをご了承ください。

シーン2

先手は辺を取ることができますが、ここでは取りません。
理由は前半で黒が置ける場所を狭めないためです。
ただし、毒デッキであった場合先手はこの3手目で積極的に
辺を取る場合は多々有ります。
ここで選択する駒は後の後手の選択によって役割が変わります
それを踏まえて考えるならば、盾・カウンターや軽い条件の
コンボを持つ駒を置きたいです。
先手が辺を取る盤面:攻め気な先手を受ける後手

シーン3

後手のこの一手での手駒の選び方ですが、
これからこの位置の駒を絡めたコンボが可能ですので
囁きや2枚返し等、強力かつ発動条件が緩いコンボを持つ駒を選べれば理想的です。

シーン4

先手は辺を取りに行きます。
2枚目の駒と絡めた2枚返しのコンボを
選択することができますが、後手が1枚目のキャラ駒を守りながら
辺を奪えるのでその後の展開が少し窮屈になるように思えます。

シーン5

分岐の多いシーンです。
この辺りから後手は相手に様々な揺さぶりをかけられます。
一例として、この位置に打った場合を解説します。
後手は2手目に置いた駒とコンボを組める位置へと誘導します。
また、ここへ打つ駒は毒などの相手がなるべく早く返したくなるような
駒を選びたいです。

シーン6

後手が置いた駒を先手が返し、辺を取りに行けば
先手は打ち所がとても狭くなります。
相手のキャラ駒の近くに自軍の駒を置くので危険ですが
後の展開の多さからこの場所に打ちます。
しかしこの場所に打つことで相手はいつでもコンボを放つことが
できるようになります。
だから打つ駒は盾・カウンター・罠が有効です。
しかし強烈なバフコンボであればHPを0にされるほどの
一撃になってしまう場合がありますので、できれば盾を置きたいです。

シーン7

後手はコンボを組むために準備をします。
先手の打てる場所を限定させて、こちらがやりたいことを
邪魔されないように進めていきましょう。
また、辺を取れますので毒や回復を置ければベストです。
この時点で手駒にあってほしい駒は、
囁き、2枚返しコンボ、HP割合など比較的簡単に成立するコンボを
持つキャラ駒です。3枚返しコンボも成立させることは可能ですが
狙いがあからさまなうえ、相手に看破されてしまうと
簡単に防がれてしまいます。

シーン8

先手は4箇所ほど辺を取れる選択肢がありますが、
ここはあえて相手がしたいことをさせてあげて、尚且つ反撃の準備をしましょう。
そしてその反撃のためにこの盤面では、画面の位置に置くことをお勧めします。
手駒に反撃のために用意したいコンボですが、理想は3枚返しの強力コンボです。
これを次に打てれば、場合によっては相手への抑止力となり、
コンボを断念させることも可能です。
また、現在場に自軍のキャラ駒が2体いますので1色デッキなら囁きもオススメです。

シーン9

大物手の最後の仕上げです。
これで後手は次に最大火力で3枚返し、2キャラコンボを放つことができます。
コンボに絡むキャラ駒が両方とも3枚返しコンボでない限り
この盤面からのコンボを完全に防ぐ方法は、
相手がX打ちでキャラ駒を返す以外ありません。

シーン10

相手のコンボを耐え抜いたら、反撃するよ。という手です
先手が打ったこの位置は、相手が次に最大のコンボを決めたあと、
そこから4枚返し1コンボの反撃を狙える場所です。
当然、4枚返しという好条件ですので発動したいコンボも選べる強みがあります
こちらも最大火力で迎え撃つという構えを見せましょう。
明らかに次のコンボで負けてしまうようなHPならこの状況は無意味ですが
互いのHPが均衡していれば、この一手は大きな牽制にもなりえます。
もしかしたら、相手は次の反撃を考え、コンボを諦めたりするかもしれません。

シーン11

後手のコンボが成立した盤面です。
駒さえ揃っていれば相手に壊滅的なダメージを与えられるでしょう。
この場所に打つ前の不安要素は、2つ。
1つ目は、ひっくり返す駒にキャラ駒が一枚混じっていること。
つまり、罠やカウンターが刺さるのです。また、バフ系は盾を置かれてしまっては
その効果をほぼ打ち消されてしまいます。
2つ目は、次に先手の反撃があることです。
ここまで仕上げたコンボに、起爆剤は一番火力が出る駒を選びたいですよね。
若干消極的ですが、先手の反撃を利用したカウンターで起爆するという手もあります。

シーン12

これに対し先手が4枚返し1コンボで反撃です。
ここまでが一連の流れとなります。

シーン13

余談

今回は、少し先の展開を予想してキャラ駒を選ぶ場面が多かったですね。
オセロニアでの実戦を重ねると、
ある程度デッキごとに自分が得意な戦い方が決まってくるかと思います。
そのような戦略ができてから意識したいのは、
どの位置に置いた駒がコンボに絡めやすいかです。
これを覚えることで、発動したいコンボを決めやすくなります。

シーン14

以上でこの試合展開の解説を終わります。
少しでも戦い方の参考になれば幸いです。