パターンc「腰掛け」 → c_3:序盤の中割りからパワフルな攻め合い

以下、解説まとめ

シーン1

今回は「腰掛け」から後手が序盤に中割りをしてきた盤面を
解説します。
手駒の引きにも左右されますが、
3,4枚をひっくり返す場面が複数現れるので大荒れです。
短期決戦もあり得ます。

シーン2

先手は急いで辺を取らずに様子を見ます。

シーン3

後手がここで辺を取らずに中割りをすると
この盤面になります。
次の手で相手も自分も辺を狙えますが、
オセロの盤面で言えば、後手の中割りは
置く場所が多くなるのでとても有効です。

シーン4

先手は辺を取りに行きます。
自軍の駒とコンボを決めることも選択できましたが
上へ置きました。
ここへ置く駒を、3枚返し等の強力コンボを持つキャラにすると
相手が盤面の上へ展開するのにとてもよい牽制になります
尚且つ、右斜め下への3枚返しも狙っています。

シーン5

後手は2枚返しで辺を取ります。
この位置はコンボを成立させるのに期待できる場所なので
火力よりもコンボの強い駒を置きましょう。

シーン6

先手が3枚返しのチャンスです。
コンボを絡めることはできないので、
素の攻撃力が高いキャラ駒や、3枚返しのスキルを持つ
キャラ駒でダメージを稼ぎます。

シーン7

後手は次に辺を奪われないためにX打ちです。
ただし、この位置の駒は攻撃によく絡むので
強力なコンボを持つ駒を置いて相手を牽制するのも有効です。
諦めて角を譲ってくれるかもしれません。
また、相手のコンボの筋でもあるので、盾・罠・カウンターも
ありです。

シーン8

先手は角を狙うためにここに置きます。
ただし、相手に3枚返しコンボの機会を与えてしまう上に
他に置く場所がありません
自軍のHPと相談し、耐えられなさそうなら
X打ちされた相手の駒を返して置くのが無難ですが、
次から相手に角から展開されるので
盤面は厳しくなります。

シーン9

後手は3枚返しコンボのチャンスですが、
Xのラインを守りつつ、攻めに絡む駒を増やします。
また、自軍の駒が盤面の内側へ収まっているため、
状況は有利です。
ただし、ここから返す場所によっては
相手のコンボが繋がってしまう危険もあるため
慎重に打つか、畳み掛ける勢いで攻めましょう。

シーン10

先手はXのラインに食らいつきます。
これによって、次に相手がXのラインを守りにきたら
こちらの3枚返しコンボが開通します。
ただしその前に相手から重い一撃が来るでしょう
また、相手がXのラインを放棄したら、
こちらは角を取りに行って問題ないです。

シーン11

後手はXのラインを守りつつ、3枚返しコンボを放ちます。
火力もよし、盤面よしでいうことありません。
ここで仕留め損ねたとしても、盤面下に2~3枚返しの矢
Xラインからの2~4枚返しの矢が残っていますので
攻めきれるでしょう。
あとは、次の相手の攻撃に耐えられるかどうかです。

シーン12

先手はこの位置の4枚返しコンボか、
盤面上からの3枚返しコンボのどちらかでフィニッシュを
狙います。
おそらく、ここで勝負を決められなければ後の展開は
かなり厳しいので注意です。

シーン13

試合の流れはこのようになります。
後半、派手なコンボが飛び交う殴り合いになりますので
HPか火力に物を言わせる展開です。
竜が多めのデッキでも通用すると思います。

シーン14

以上でこの試合展開の解説を終わります。
少しでも戦い方の参考になれば幸いです。