戦術一覧と解説 → 竜速攻


竜速攻

・解説

竜属性のATKの高さ、比較的条件が緩く倍率の高いバフのスキル・コンボを利用した竜主体の短期戦術です。

オセロより火力。やられる前にやる。という戦いになるため、盤面の優位性は考えません。
前述した通り、竜属性はATKが基本的に高く高火力なスキル・コンボを備えています。その代わりにHPが低いという点があり竜一色でデッキを組んでみると、デッキのHPが2万を割ると思います。
そのため序盤から火力を出すことができ、速攻を得意とします。逆にHPの低さから中〜長期戦には向いておらず、序盤に持ちこたえられてしまうと厳しい戦いになってしまいます。

竜速攻の駒の打ち方は他とは一線を画すもので、竜デッキを使いこなすなら普通のオセロとは別の竜デッキの定跡があります。
まず、いちばんの特徴は「X打ち」を多用することです。通常、オセロなら相手に角を取るチャンスを与えてしまうような手ですが「速攻」の場合はこれが有効な手になるのです。
「竜速攻」で大事なのは速さと火力です。特に、コンボが決められるかが火力を出せるかどうかに関わります。
本来オセロの盤面は 8×8 マスなのに対しオセロニアの盤面は 6×6 となっているため、序盤2~3手目で「X打ち」が成立します。
当然ですが「X打ち」となる場所は、相手にとってはひっくり返してしまったら角を明け渡すことになりますので簡単にはひっくり返したくないところになりますよね。。
つまり「X打ち」したキャラは、相手が角を譲らない限り「場に残る」可能性が高いのです。盤面は有利に見えて、実はこういった展開に相手を巻き込んでいるわけですね。
さらにこの段階では盤面の駒も少なくどちらも打てる場所がほとんどないため、この「X打ち」を利用した展開の「パターン化」ができるのです。
これが、「竜速攻」の定跡となります。
たとえ定跡を外されてしまっても、HPが残っている限り竜はいつでも火力を出すことが可能ですので常に積極的にかつ攻撃的に打ってしまって問題ありません。

ここまで竜一色のデッキを想定していますが、もちろん神・魔を織り交ぜても構いません。ただし竜属性のスキル発動条件は、竜一色または竜主体であることを前提としているものが多いので、スキル発動条件はしっかり確認してデッキを組みましょう。

竜は基本的なATKが高いので、「バフ」ととても相性がいいです。盤面バフやオーラを持つ駒も複数枠入れておくといいでしょう。
竜統一、竜主体という点から「囁き」スキルも強力なダメージソースになります。上級の「囁き」であれば、場に竜駒が2枚あればすでに2倍バフが確定するので2~4手目以降から主力として使うことができます。

しばらく竜の天敵だった「罠」「カウンター」の処理も重要です。「貫通」スキルが登場してからこれらの対応も容易になったとはいえ、まだまだ竜にとっては厄介な存在だと思います。

竜は一見強力な駒が多く、「速攻」ということもあり「豪快」「一試合の時間が短い」等の理由で誰もが一つは作っておきたいデッキにはなると思うのですが、意外と「スキル・コンボの両方が使いやすく強力!」という駒は貴重であり
実践レベルのデッキに仕上げるためには「鉄板」とも言われそうな駒の収集が必要となりますので構築難易度はやや高めです。


・弱点

いちばんの弱点は「デバフ」スキルです。完全にATK依存の攻めを抑えられてしまいます。

場の竜駒をどんどんひっくり返されたえり、コンボを繋げられない盤面にさせられてしまうと火力不足気味になり中盤ほどまで引っ張られてしまいます。
中盤となれば、相手もコンボを狙えるでしょうから徐々に押されてくるでしょう。

「盾」「防御」「罠」「カウンター」にもまだ苦しめられる戦術ではあります。
「貫通」はとても貴重なスキルで、まだまだS駒の「貫通」持ちほどでないと使い勝手も威力も悪いと思います。

そして手駒の「引き」です。どの戦術でも言えてしまうことですが、この「竜速攻」に限っては勝率に大きく関わる要素だと思います。
バランスよく、とは思いますが「平均的な」火力を上げるために「瞬間的な」火力をおろそかにしてしまうと、ここぞというときにいてほしいフィニッシャーが不在という事故が発生しやすくなってしまいます。


・この戦術への対策

「デバフ」スキルが効果抜群です。相手が竜主体なら、固定ダメージやHP依存のダメージはほぼないと思っていいです。瞬間的に攻撃を防ぐなら「ヒアソフィア」、全体的に抑え込むなら「織田信長」が強力です。

ことごとく「竜速攻」の定跡から外れて打ちましょう。それによって竜の火力を抑えられるわけではありませんが、時間を稼ぎ反撃することはできます。
ペースを狂わせるという狙いならば「盾」「防御」「罠」「カウンター」を仕掛けるのも手です。ただしある程度「貫通」で無効化されることは覚悟してください。上手に「貫通」を決められてしまったら相手に拍手を送るくらいしかありません。
とにかく勝負が決まるのが早い試合になるのは覚悟してください。「ヴィクトリア」や「ハーピストエンジェル」などのスキルも序盤から使うこともできますので場合によってはこちらも盤面を捨て、同じく「速攻」を仕掛けるのも有効です。


・キーキャラ

スキル・コンボ共に強力な竜駒の評価を高くしています。
瞬間火力が高い駒も適正として入れています。また、それを生み出すバフやオーラを持つ駒も。
適正となる駒が非常に多いため、実際に使用してみた印象で決めてしまっている部分があります。そのため誰もが対象と思える駒が一部掲載してない場合があると思います。多分書き忘れてしまっています。ごめんなさい。

属性レア名称入手方法適正評価(3段階)
     
Sノイレ超駒限定★★★
S闘化ノイレ超駒限定★★★
Sレグス超駒限定★★★
S闘化グウェイン超駒限定★★
Sダウスタラニス強駒限定★★★
Sガルディラ強駒限定★★
S闘化ガルディラ強駒限定★★★
Sアイレ・ストルム強駒限定
Sクリスマスレオノーラ期間限定★★
Sクロード速コレ★★★
Sエルザガチャ★★★
Sシャンティ・ハリガチャ
Sベルーガガチャ★★
S闘化ベルーガガチャ★★★
Sデネヴガチャ★★★
S闘化デネヴガチャ★★★
Sレオノーラガチャ★★
Sフォーマルハウトガチャ★★★
Sリンドヴルムガチャ★★★
S景光ガチャ
Sユルルングルガチャ★★
S九垓コイン★★
Sアムルガルコイン★★★
Sロライン激戦★★
     
Aレジェ超駒限定★★★
Aクロリス超駒限定★★★
Aアラジン・チョコドラ期間限定★★
Aニューイヤーレイファ期間限定
A闘化ファイヤドレイク竜コレ★★★
A闘化ランドタイラント竜コレ★★★
Aオルムバラスガチャ★★
Aゲルブワイバーンガチャ
Aゲレルドレイクガチャ
Aサカガチャ
Aイモードラ決戦★★★
Aメルキュール決戦
Aバーベキューアルン決戦
Aブリッツドラゴン決戦★★★
Aアルン決戦★★
Aマギラ闘技場★★
A忍竜コイン★★
Aドラゴナイトクエスト
Aジラントクエスト